【正しいワキガ対策】正しい方法でワキガ臭を抑える!

ワキガ 対策

あなたは普段、自分の体臭をどのくらい気にしていますか?

 

最近は臭いに敏感な人も増えてきたため、念入りに体臭対策をしている人もいるでしょう。

 

特に、自分はワキガ体質だというなら尚更です。

 

しかし、ワキガ対策は思っている以上に難しいもの。

 

間違ったやり方をすると、余計に臭いを悪化させてしまうこともあるのです。

 

「じゃあどんなワキガ対策をすればいいの?」と悩んでしまう人もいますよね。

 

そこでここでは、正しいワキガ対策の方法をご紹介したいと思います。

 

正しいワキガ対策

ワキガ 対策

正しいワキガ対策をすれば、嫌な臭いを最大限に抑えることは可能です。

 

そのためには、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

ワキガ臭の原因を知る

ワキガ 対策

ワキガの臭いを「汗の臭い」と思っている人が多いのですが、これは半分正解で半分間違い。

 

というのも、たとえば体温調節のための汗や運動をしたときの汗というのは、ワキガ臭を発生させることはありません。

 

ワキガの原因となる汗は、アポクリン汗腺から分泌されるもののみ。

 

このアポクリン汗腺から出る汗を餌に、皮膚の常在菌であるジフテロイド菌が分解、増殖することでワキガ臭が発生しているのです。

 

ジフテロイド菌はアポクリン汗腺から分泌される汗を好むことが分かっています。

 

つまり、ワキガの原因は「アポクリン汗腺から分泌される汗+ジフテロイド菌」ということになります。

 

アポクリン汗腺の量には個人差があり、遺伝的な要因が大きいよう。

 

身内にワキガの人がいるとワキガになりやすいのは、そのためだと言えるでしょう。

 

ワキガ臭への有効成分を知る

ワキガ 対策

原因が分かったら、その原因に対する有効成分を知りましょう。

 

デオドラント商品はたくさんありますが、きちんとワキガへの有効成分が配合されたものでないと、ワキガへの効果は期待できません。

 

有名なブランド、メーカーだからという理由でデオドラント商品を選んでしまうと、十中八九失敗に終わります。

 

アポクリン汗腺からの分泌を抑える成分
・パラフェノールスルホン酸亜鉛
・クロルヒドロキシアルミニウム(ACH)など

 

ジフテロイド菌の増殖を抑える成分
・イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール、IMPM)
・塩化ベンザルコニウムなど

 

ワキガ対策のためのデオドラント商品を選ぶときは、上記のような成分が配合されたものを選びましょう。

 

ジフテロイド菌は常在菌の中でも生命力の強い菌であるため、高い殺菌力のある成分でないと増殖を抑えることはできません。

 

市販のデオドラントであまり効果が感じられないのは、このためだと言えるでしょう。

 

しっかりと効果を持続させるためにも、皮膚に直接塗り込むクリームタイプがおすすめです。

 

無香料のものを選ぶ

ワキガ 対策

デオドラント商品には香りつきのものもたくさんありますが、ワキガ対策なら香りつきは絶対にNG!

 

ワキガと香りが混ざって、例えようのない悪臭を発生させてしまいます。

 

香水で臭いを隠そうとして失敗した、という経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

良い香りがするのは魅力的ではありますが、ワキガ対策の場合は無香料を選ぶのが鉄則です。

 

そのため、ワキガ対策用に販売されているクリームはほとんどが無香料になっています。

 

香りと混ざると強烈な悪臭になることを知っているので、あえて香りをつけないようにしているのでしょうね。

 

まとめ

ワキガ 対策

正しいワキガ対策のための3つのポイントについて、紹介しました。

 

きちんと効果のあるデオドラントを選べば、ワキガの臭いを抑えることは可能です。

 

「もう手術をするしかないのかな…」と悩んでいる方にこそ、正しいワキガ対策を実践してみてほしいと思います。

 

ワキガ臭に特化したクリームを使って、コンプレックスから卒業しちゃいましょう!

 

>>効果のあるデオドラントはこちら♪